中古マンション投資ならリスクを押さえられる

収益を見込める投資

集合住宅

投資するメリット

中古マンション投資は、株式や商品先物、外貨などと違い、15年や20年という長期ローンを活用しての資産運用が可能です。長期資金を利用して投資することで、長いスパンにおいてレバレッジを発揮させた投資を行うができます。そのため、投資効率は高まるのです。安定的な収益を、長期間において得られるという理由で。中古マンション投資は人気が高い投資方法です。そして、世の中の景気回復への見込みから、不動産価格の今後は有望と考え、中古マンション投資を行っている人もいます。債権や株式などとは違い、不動産は価値が無くなることがありません。そして、その人の考えを反映させやすいのも魅力の1つです。自分自身の望むようにリフォームしたり、工夫によって収益を高められる投資方法といえます。昨今の中古マンションの価格は、徐々に上昇しているケースが多いです。築15年以上の都市部における中古ワンルームマンションは1000万円程度が相場となります。都市部で築10年程度のファミリータイプの物件は、およそ3000万円前後となっています。当然ですが、地域により価格の違いはあります。中古マンション投資の良い点は、価格の下がる速度が緩やかなところです。新築マンションの場合、完成からの数年で大きく価格が下がります。新築マンションという認識でなくなった瞬間に、中古物件としての価格に移行します。また丹念に調べていけば、お買い得な物件を見つけることもできます。