中古マンション投資ならリスクを押さえられる

ワンルームがお勧めです

マネー

築年数の浅い物件を買おう

ここ数年、サラリーマン大家が増えています。中古マンション投資のセミナーには、20代や30代の若い世代も多く参加しています。実際に、30代で複数戸の中古マンションをすでに保有している人も少なくありません。今後もしばらくは中古マンション投資が資産運用の手段として注目を集め続けると予想されています。中古マンション投資と一言にいっても、投資対象はワンルームマンションからファミリータイプマンションまで、物件の種類は様々です。最近では、1DKや2DKといったちょっと広めの物件も人気があります。これは核家族化が増えていることが背景にあります。中古マンション投資をこれから始めるというのであれば、まずはワンルームマンションから手掛けてみましょう。ワンルームマンションは投資物件の中でも、比較的流動性が高く、また、少額で始めることができることから初心者にお勧めです。但し、ワンルームマンションであれば何でもよいというわけではありません。エリアと築年数にこだわりましょう。選ぶべきエリアは都市の中心部です。このエリアであれば、空室になってもすぐに次の入居者を見つけることができます。また、築年数については、1戸目のワンルームマンションの時には10年以内の物件を選びましょう。なぜならば、あまりに古い物件の場合、厳選しないと修繕費などが予想以上に嵩むからです。比較的新しい物件であれば、修繕費は、入居者が入れ替わる際のクリーニング代程度で済むケースが多いです。